代表パートナー

小島 秀樹

Hideki Kojima

弁護士登録:日本(第二東京弁護士会)、ニューヨーク州

人との出会いと同じく、企業法務の背後にあるその企業の事業目的、経営者の考え方、担当者の捉え方はいつも私共にとって新鮮であり、ときめきを感じさせてくれます。新分野へ挑戦する事業家も、コンプライアンスを確実にする法務スタッフも、私達には大切な依頼者です。スピード重視で臨みます。ぜひ我々弁護士と組んで世界を相手に羽ばたいて頂きたい。

主な取扱分野

国際企業法務全般、国境を超える各種商取引に関わる法務全般、海外直接投資、M&A・合弁・その他の企業提携、IT・知的財産権、国をまたぐ法的紛争解決、海事

取扱った案件の例

役員の会社に対する法的責任に関する事案(2017年)

医療機器関連企業のシステム導入契約金支払請求事件 (2012年 東京地方裁判所)

船舶造船契約関連(2012年)

IT関連企業の経営権の法的紛争(2011年 東京地方裁判所)

インド インフラ関連事業への直接投資(2008年)

欧州大手家電メーカー買収につき独占禁止法のカウンセリング(2005年)

仏の医療機器メーカー買収後の撤退をアドバイス(2006年)

韓国メーカー/サプライヤーによるディストリビューション契約不更新に対し、東京地方裁判所に保全処分の申立(2007年)

日本のディーラーによる海外絵画の売却に関する交渉・契約(50億円規模)と、米国の州税法に関するアドバイス(2005年)

海外の半導体部品メーカーに対する日本の特許侵害訴訟の控訴審を代理(2008年)

税務当局間の税務情報交換の日本メディアによる情報開示につき、米国連邦地方裁判所事件の嘱託尋問を日本の裁判所において代理(2007年)

言語

日本語、英語

学歴

早稲田大学法学部卒 (1970)
Southern Methodist University ロースクール (LLM, 1978, テキサス)
Georgetown University ロースクール (MCL, 1979, ワシントンD.C.)

職歴

1973年      弁護士登録(司法修習25期)

1973年~1977年 湯浅・原法律特許事務所(東京)

1979年~1981年 Reid & Priest(ニューヨーク)

1981年~1983年 Heuking Kuhn Herold & Kunz(デュッセルドルフ)

1984年      小島国際法律事務所を設立、現在に至る

その他

所属団体

学会

その他活動

著書・論文等

講演

趣味・特技

お問い合わせはこちらからお願いします