事務所ご挨拶

小島国際法律事務所は、1984年に、現代表パートナーである弁護士小島秀樹によって創設されました。創設以来、国際企業法務を中心として、海外進出、国際取引、合併・企業提携、紛争解決、知的財産、その他の国際及び国内企業法務の幅広い分野で、依頼者のみなさまのニーズに応えてまいりました。

創設当初より、依頼者の国際ビジネスを支えるプロフェッショナル集団を目指し、複数の外国人弁護士を擁するとともに、海外法曹資格の取得や海外法律事務所での研修の支援を通じて日本人弁護士を育成して、依頼者企業のあらゆる法的ニーズに応えられる体制を整えてまいりました。さらに、複数の全世界にまたがる法律事務所のネットワークに日本唯一のメンバーとして参加しており、世界各国の専門家の協力を得て、特に日本企業の国際案件において実績を積んでまいりました。また、日々、各国の法曹仲間と緊密に連携・交流しながら業務にあたる中で、常に、柔軟かつ広い視野をもった良き民間外交官たらんとの事務所理念の実践に努めております。

昨今では、国内外の社会・経済環境が激変する中で、依頼者の法的ニーズはなお一層複雑化・高度化しており、これに迅速に応えるためには、個々の弁護士が専門性を磨くことが重要となっています。当事務所は、事務所内のプラクティスグループ等により、学究的な姿勢で法的問題の研究を重ねるなど、各弁護士がその専門性を高めるべく日々研鑽を積んでいます。それと同時に、単に正確な法律情報を迅速に提供するだけでなく、法的リスクを踏まえた交渉方針やプロジェクトの進め方など、事業面・企業倫理面にも配慮した総合的なリーガル・サービスの提供も重要であると考えています。個々の力を結集し、事務所が一体として企業経営をあらゆる面から総合的にサポートすることで、企業と共に成長・発展できる関係性の構築に努めております。

また、人の流動化と日本の超高齢社会の到来の影響もあってか、外国人や海外に資産を有する日本人の国際相続案件なども、近年増加してきております。それらの案件も依頼者に寄り添い、的確に期待にお応えする点では企業法務案件と異なるところはなく、こちらも国際ネットワークを通じて税法を含めた現地法令に則して対応させていただいております。

当事務所は、今後も依頼者のニーズに迅速かつ的確に応えること、さらには業務を通して国際社会に貢献することを目指してまいります。

お問い合わせはこちらからお願いします